データの保存はnas〜何台でもデータを共有するどえらいシステム〜

家庭用にも進化

家庭でもnasが利用しやすいのです

PC

スマートフォンやタブレットなどにより今まで以上に写真や動画が手軽に取れるようになってきたのですが、それを保存するということにも注目が集まっています。そういった流れの中で家庭でもnasと呼ばれる機器を購入して、これらの重要なデータを保存する動きが一般的になっています。これは家庭でもネットワークを構築することが一般的になり、それを有効利用するためにも、nasが注目されているというわけです。この流れに合うように、nasも家庭向けということで、価格を安価になってきているのもこの流れを進めるきっかけになっています。特に1TBの容量で、2万円を切ってくるようになってきているので、手軽に購入できる範囲なのに、十分な容量があるので、購入する方も多いです。

HDDを共有するときの工夫について

nasなどのHDDを複数の方で利用するにはやはりいろんな工夫が必要になっており、それを実践することで、有効に活用できます。例えば、共有するフォルダと個人のフォルダを分けると家庭ではメリットが出てきますが、これらは企業でも使われています。フォルダごとにアクセス権と呼ばれるものを設定することで共有できるものはきちんと共有しますが、それ以外のものは、家族でも見せないというわけです。またnas自体の寿命を伸ばすためにも、使わない時には、電源を落としておくというのも、ひとつの方法になっていますが、これはセキュリティ面でもメリットになります。電源を落とすことで電気代をおさえることになるのですが、外部から万が一侵入されたとしても肝心なnasに到達しないので、大切なデータを守ることができます。こういった工夫は他にもいろいろあるので、せっかく重要なデータですので、大切に守りながら使っていきましょう。